お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラム第43話で値付け前の物件を狙っている話を書きました。良かったら読んでみてください!

◎第43回 最近見た2つの物件。価格査定前の物件を狙っています!

===

おはようございます、ぺんたです。

先日は戸建の決済をしました。あるリフォーム業者さんが仕入れようとしていた物件なのですが、資金繰りの関係から断念。代わりに紹介を受けた私が購入することになりました。

その業者さんに内装をリフォームしてもらって賃貸に出す予定です。

重要事項説明&契約締結は2ヶ月ほど前に済ませており書面上は何も問題がありませんでした。

そして先日、無事現金決済しカギを受け取ったので内部を確認することにしました。

すると以外な光景にびっくりしました。家財道具が全て残っていたのです💦キッチンはこんな感じ・・・。
DSC_1853

まるで住人がいまも住んでいるかのような寝室。
DSC_1864

立派な仏壇も残っていました。
DSC_1852

私は間違いなくこの物件の所有者なのですが、まるでコソ泥に入っているような感覚に陥りました(笑)この物件、どうせ内部はリフォームするのだから・・・と内見せずに買ってしまったのです。失敗しちゃったかな!?

コソ泥の現場からw仲介業者さんに電話しました。

「あの~、いま現場に来ているのですが、この残置物はどうしたらいいんでしょうかねぇ?(爆)」

と笑いながら質問すると、

「えっ?残置物ですか?何が残っています?」

「家財道具一式ぜんぶ残っていますよ。仏壇まである(笑)」

「・・・💦 至急確認します!」

まあ、リフォーム業者さんが工事代金の中に処分費まで見込んでくれているはずなので実害はないのですが、これまでの取引過程で残置物をこちらで処分するなんて誰からも告知されていません。

もちろん重要事項説明書にも記載がありませんでしたし、動産の所有権を放棄する旨の書面も売主からいただいていません。

小一時間ほど経って仲介さんから折り返し電話が入りました。

「リフォーム業者さんに確認したら、残置物をこちらで処分する前提であの価格にしてもらったそうです」

(そうです)の言葉にイラッとしました。リフォーム業者さんが売主と直接交渉するわけはないので、交渉は仲介さんがやったはずです。なのにこの当事者感のないコメント・・・(苦笑)

「そういう前提だったとしても私は今の今までその事実は知りませんでしたし、だいいち重説に記載されていないじゃないですか?御社に告知義務があるんじゃないですか?」

「いま出先なので、帰社後確認します💦」

と言われたきり、まだ返電はいただいておりません。

小さな街のことですし、むやみに事を荒立てようとは思っておりません。告知漏れがあったことをちゃんと謝ってくれたら水に流すつもりでいるのですが、この様子だとお説教しなきゃいけませんね。

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!