お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラム第47話で再生大家が陥る「常時デッドクロス」について解説しています。よかったら読んでみてください。

◎再生大家の悩みの種、「常時デッドクロス状態」への3つの対抗策

===

おはようございます、ぺんたです。

安く仕入れてリノベーションした戸建ての売却決済が無事終わりました。これって↓何風っていうのでしょう?南仏風?・・・よくわかりませんが、すごく気に入ってくれた独身女性が買ってくださいました。

buy_house_248_1

リビングはあえて見せる梁が露出していてなかなかおしゃれです🎵
buy_house_248_2

キッチンもピカピカの新品に入れ替えましたし
buy_house_248_3

お風呂もちょっとゴージャス感のある広いユニットバスにしました
buy_house_248_7

更には周囲から目隠しをされたウッドデッキまで・・・
buy_house_248_10

ここはもともと築50年以上の暗い平屋だったのですが、柱だけ残すぐらいまで解体したうえで耐震補強をして適合証明を受けました。
ceda1bf3-s

おかげで新築なみに住宅ローン控除が受けられます。ちなみに元の状態はこんな↓感じでした。
a11d228c-s

この戸建ては150万で購入しましたが、プロの業者さんに高額なリノベーションをしてもらい、新築並みの価格で販売する・・・というスキームで売却しました。業界的には「買取り再販」と呼ばれるカテゴリーです。

実はこの「買取り再販」は当社が創業当時から狙っておりまして、うちの2法人の定款には予めちゃんと盛り込んでおりました。

ただしまだ宅建業の免許を取得しておりませんので「反復継続的」にならないよう、テストケースとして1戸だけやってみたものですが、うまく売れてくれたわけですし、ビジネスの勘所も把握できましたので来年から徐々に戸数を増やして行こうと思っています。

(え、ぺんたさんって宅建業の免許を持っていたっけ??)

と思われた方。ご安心ください。私自身は宅建士の試験を受けるつもりは今後もありませんが(笑)、専任の資格保有者を雇用する話を進めておりますので来年早々には免許申請をして宅建業者成りを果たす計画です。

もし実現したら、

・家賃収入というストックビジネス

の上に

・買取り再販というフロービジネス

が乗っかるカタチになって、収益基盤を強化することができると思っております。宅建業協会はハトマークがいいかな?それともウサギさんがいいかな?・・・と考え中です(^^ )

あ、売買であれ賃貸であれ、普通の仲介業務を行うつもりはいまのところございません。

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!