お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラム第48話で火事と入居審査の重要性について書いています。ぜひ読んでみてください!

◎火災発生で痛感した「入居審査」の重要性

===

おはようございます、ぺんたです。

昨年暮れの話になりますが、母親を前川清さんのクリスマスディナーショーに連れて行きました。いつのまにか毎年恒例になっています。

九州ローカルで「前川清の満点旅好き」というお散歩系の番組をやっている関係から、こちらでは前川清さんが後期高齢者のアイドル的存在になっているのです。

そのおかげで予約がなかなか取れません。今回も家内が頑張って確保してくれましたが電話がつながるまでに200回以上もダイヤルしてくれたようです。家内の頑張りにも感謝です<(_ _)>

ディナーショーの数日前から母が「ドキドキする♡」「眠れない♡」と言うのも毎年恒例です。まるで小学生の遠足前みたいな感じですね~(笑)

そしてディナーショー当日。前川さんが会場を練り歩く際にしっかり握手してもらいました。この瞬間だけで満足みたいですw
DSC_2279

ディナーショーはこれでもう5回目です。おかげで私もすっかりファンになってしまいました。

ディナーショーに行くたびに母と「昔は貧乏だったけど、今はこんなところに来られて夢みたい!」と話します。

たしかに私が学生だったころを思い出すと雲泥の差です。私服を買う余裕がなかったので、学習塾には学生服や体操服で通っていました。友達が熱中していたインベーダーゲームも眺めているだけでしたもんね・・・💦

それがいまや毎年ディナーショーに母を連れて行けるようになったわけですから、大家業で頑張って来て本当に良かったとしみじみ思います。

母はここ数年急速に年老いている感じがします。父が亡くなったあと自宅での独り暮らしに強く執着していたのですが、だんだん不自由さを感じて来たのでしょうか。会話の中に老人ホームの話題がちょいちょい上るようになりました。

そんなときも、

「いざとなったら俺が費用負担していいところに入れてあげるから心配しなくていいよ」

と言ってあげると安心するようです。世の中には親の年金をあてにして暮らしている壮年も多いようですが、不動産投資は親孝行にも役立っています(笑)

あと何年ディナーショーにつれて行ってあげられるんでしょうかね・・・(^_^;


===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!