お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラム第50話で室内洗濯機置き場を簡単に作る方法について書いています。良かったら読んでみてください。

◎室内に洗濯機置き場を作るため私がやっている簡単な方法

===

おはようございます、ぺんたです。

個人的な感覚ですが、2018年の夏頃をピークに景気が減速している感じがしています。また私は大反対でしたが消費税が増税されてしまったので昨年秋からもう一段景気が冷えている感じがします。

これを政府の統計でちょっと覗いてみたいと思います。

一般庶民の景気感をストレートに表していると言われる景気ウォッチャー指数が発表されましたが、こんな感じ↓で昨年10月にガクンと下がっていますね。
景気ウォッチャー指数

消費税は「消費への罰」ですから当然家計消費は冷え込みます。10月から2015年比5%以上のマイナスになっています↓

gaiyo.pdf
(総務省CTI資料より)

景気の先行きを真っ先に反映するとされる新規求人数は既に前年割れを始めています。(下のグラフの青のグラフです)
img_0f703c17416c980fddc9ff29fecaeb27113364
(現代ビジネスより引用)

うちの長男はこの4月に就職が決まっているので安心ですが、これが1年後ろにズレていたら社会に潜りこめていたかどうかわかりません。うちはラッキーでした。

しかもこれらの指標は新型コロナウィルスの影響が出る前の数字ですから、これから少なくとも3ヶ月程度は下落傾向が続くのではないでしょうか?自動車業界に見られるように、中国産の部品供給が滞っているため最終製品の生産が止まってしまっています。

今後どの程度景気が悪化するのか?どれだけ長引くのかは神のみぞ知る・・・ですね(..;)

これは不動産投資の融資厳格化とも無縁ではないと思います。金融機関が新規融資をかなり絞っているので、市中にお金が回らなくなって来ているのでしょう。

img_daff7c3a4087d2d1aad4e31ec11fd8d8116029
(ダイヤモンドオンラインより拝借)

私が昔勤めていたメーカーの創業会長は、これから業績が悪化しそうなタイミングで「荒天準備せよ」と社内にメッセージを出していました。

これはもともと船乗りの言葉だそうなのですが、「これから嵐が来るのでそれに備えよ」という意味です。

日本経済は既に嵐に突入している感がありますが、新型肺炎の影響から更にヒドい暴風雨になる可能性もあります。こういうときは新たなリスクを取るのに慎重になったほうが良いのかもしれませんね。

個人的にはデフレ傾向に逆戻りしてもおかしくない環境かもしれないと思っています。

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!