お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラム第51話で蛍光灯を自分でLED化する方法を紹介しています。よかったら読んでみてください。

◎蛍光灯を自分でLED化する簡単な方法

===

おはようございます、ぺんたです。

以前いちど記事にしたことがある物件の話なのですが、今回は差し障りがあるので画像紹介はしないでおきますね(下の画像はイメージで、ぜんぜん関係のない物件です💦)

vTZvPGgqJFmSPjm1582639004_1582639024

その物件は関東の、たぶんサラリーマンの方がスルガ融資を利用して3年ほど前に購入した物件です。購入時には入居率が3割程度だったものの三為業者の家賃保証が1年ついていたため購入されたのでしょう・・・。

駅徒歩1分の好立地であることは間違いないのですが地方のJR線なんて老人と学生しか利用しません。現役社会人は皆クルマ移動するので駐車場のないこの物件は不振を極め、3年経っても入居率が5割そこそこにしかならず、スルガさんが債権回収のため売りに出している・・・というのが前回記事の骨子でした。

===

先日その物件の前を通りかかったとき、管理看板が「空室あり」に変わっていました。以前は「満室」表示になっていて募集を停止していたのですが、(あ、これは募集をまた開始
したんだ!)と思い、管理会社さんに電話してみました。

「あ、どうも!○○マンションの看板が『空室あり』になっているということはどなたかが購入されたんですか?」

とストレートに聞いてみました。するとなかなか口が重かったのですが、買取再販業者が購入したんです・・・と打ち明けてくれました。そう聞いた時点で(初心者がうっかり買わなければいいのにな・・・)と思っておりました。

===

そこから更に数週間経って、福岡の大家仲間とチャットしていたときのこと。

「あ、そういえばぺんたさんの街で物件が出ていましたよ。私はやらないので、もしよかったら資料を送りましょうか?」

と言われ、その資料を拝見するとまさに上で紹介した物件でした。最初の売り出し価格よりも1割安い価格だったので、再販業者さんは更に安い価格で入手しているはずです。

「この物件は前から知っているので私はやりません・・・」

とお答えしました。その理由は、

・駐車場がない
・居室が狭い
・三点ユニット
・古い電気温水器
・内装リフォームしていない


と五重苦状態なので、一般のお客さんはほとんど選んでくれません。再販業者が売却のため

「誰でもいいから入居付けしてくれ💦」

と管理会社に指示したとすると、可能性があるのは生活保護者か高齢者くらいしか残っていません。(この街は外国人労働者はほとんどいませんから)現状でも生保と高齢者は多数入居されているようですから、もし満室になったとしたらそういった方々で埋め尽くされるわけで、新しく大家さんになった方のご苦労は計り知れません💦

まあ、よく考えたらこのご時世。右も左もわからないサラリーマン初心者には融資がでませんので、ある程度経験のある方が買われると思うと少しは気が楽になりますが。。。それにしても入居者の属性にはよく注意して、納得ずくで買って欲しいものです。

そしてもし生保や高齢者に頼らず満室にできたら、そのノウハウを私に教えてください(苦笑)

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!