お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラム第57話で、入居付けを強化するための3つの軸について解説しています。よかったら読んでみてください。

◎新型コロナでも諦めない!入居対策の3つの軸

===

おはようございます、ぺんたです。

うちのマンションは現在全空状態ですので、敷地内駐車場のうちいくつかを外部に貸し出しています。そのうち4区画を近くのカラオケ喫茶さんに貸していました。うちの物件の斜め前のビルに入っていて、午前中からおじさんたちがいそいそと通う姿がよく見られたものです。

ところが契約更新時に「もう必要ありません」と言われたのでそのまま契約満了となってしまいました。てっきり他の駐車場が確保できたから不要になったのだと思っておりましたが、店の前を通りがかったとき廃業されたことを知りました。

DSC_0183

以前はけっこうお客さんが入っていたのですが、コロナ自粛のあおりでいち早く廃業を選択されたようです。

マスコミでは「新型コロナに関連した倒産が200件を超えた」という報道がなされていますが、そこにはこのような自主廃業は含まれておりません。この街の歓楽街(小規模ですが(^0^;))を歩いた時に、同じような自主廃業を選択された・・・と思しき張り紙を数件みかけました。

皆さんご承知の通り、政府の支援策は低利の融資を貸し出しますよ・・・というものですが、(借金を新たに積み上げるくらいならば、いっそ店を畳んでしまおう)と考える経営者が非常に多いことに気づきます💦 こちらのような小さな街でさえ目立つのですから、全国的には少なくとも数万件の自主廃業が既に発生していると思われます。

政府の無金利・無担保の制度融資に対して、マスコミでは「ゾンビ企業を存続させる愚策」という論調も一部に見られますが、街角ではこのような自主廃業が静かに進んでおり、自粛ムードが終焉を迎えても経済活動は縮小したままになりそうな予感がします。

===

ちなみにこのカラオケ喫茶が入っていたビルは1階のテナントがこれで3戸中2戸が空きとなってしまいました。

2階以上の居住部分もポストを見るともともとガラガラのようです💦
DSC_0182

1年ぐらい前から20%以上の高利回りで売りに出ている物件ですが、なかなか買い手が付きません。この調子だと、まだしばらくは買い手がつかないことでしょう。テナントを含む収益不動産の場合、しばらくは価格下落圧力が強まりそうです。

価格次第では買おうかな?という思いがないわけではありませんが、少なくとも現在の価格の4割引き程度にならないと私は手を出せないと思っています。駐車場がない物件なので保守的に見ているんですよね💦

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!