お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラム第61話で、意思決定力を身につける方法を書いています。良かったら読んでみてください。

◎大家予備軍のサラリーマンに勧めたい「意思決定の訓練」

===

おはようございます、ぺんたです。

うちの事務所。梅雨の最中に新しいところに引っ越しました。元市営住宅の大型物件です。風通しが良くて気持ちいいです🎵

事務所を引っ越したとなると登記が必要になります。引越し大好きな私としてはこれが唯一の面倒臭い点ですが、仕方ないので重い腰を上げました。

法人が本社所在地、あるいは支店を移動した時にはその2週間後以内に変更登記をしなければならないそうです。懇意にしていただいている司法書士さんにお願いしたところ、

「そんな簡単なことだったらぺんたさんは自分でやられたらいいのに」

と一蹴されてしまいました。本職の司法書士さんにお願いするとなるとある程度の手数料設定になるので心苦しい・・・というのが真意だったようです。

とはいえ自分自身で法務局への申請書類を起案するのはお作法がわからないのでハードルが高いな・・・と思っていたとき、

(そういえば先輩大家さんが「ひとりでできるもん」を使ったって言ってたな・・・)

と思い出しました。

===

「ひとりでできるもん」というのは、法務局への申請書類のうち比較的簡単なものを、ネット経由で自動作成してくれるネットサービスなんです。調べてみたところ、法人本社の移転登記にも支店の移転登記にも対応しているようなので使ってみることにしました。

◎ひとりでできるもんTOPページ

トップページで会員登録したのちログイン。やれることのメニューがいっぱい表示されるのですが、その最上位にやはり「変更登記」というオレンジのボタンがありました。

Opera スナップショット_2020-08-06_020004_www.hitodeki.com


まだまだほかにもやれることはいっぱいあるらしく、いろんなボタン↓が並んでいましたが私には関係ないので今回はスルーw

Opera スナップショット_2020-08-06_020140_www.hitodeki.com

「変更登記」のオレンジのボタンをポチッとしたあとは、画面に表示されるダイアログに従って必要事項を入力していくだけです。

入力が完了すると、法務局に提出する申請書類がPDFでダウンロードできるという寸法です。
無題

ハンコを押す場所までちゃんと指示が書いてあるので楽ちんです。ハンコを押して、必要な印紙を貼って法務局に提出したら何ら問題なく受理されました。

よく考えたら、法人を設立する際にもこういうサイトを使って申請書類を作成しました。めっちゃ簡単で、ちゃんと受理してもらえる書類が作成できましたから、必要な際はこういうサイトを活用すればいいんじゃないでしょうか?

ちなみに第二法人の本社を移転するという書類を作成するのが、「ひとりでできるもん」では手数料5,500円(税込)。第一法人の支店を移転させるのが7,700円(税込)でした。本職の司法書士さんに頼むとケタがひとつ違いますので、ばかにならない程度のコストダウンになります(^^ )

よく考えるとこういうサービスは、司法書士業務の一部を通信販売化することにほかなりません。

銀行員の融資審査業務がAIに置き換えられる・・・と言われて久しいですが、司法書士の世界ではとっくにそういう時代を迎えているわけです。司法書士業務は、こういう比較的簡単な業務はIT技術に任せてしまい、人間が処理するのはより高度で複雑な領域だけになっていくのでしょうね(^^ )

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!