お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラム第60話で、中古マンションにオートロックを導入する事例を紹介しています。良かったら読んでみてください。

◎900万円が300万円に!?中古物件にオートロックを後付けする際の、実務的な検討事例

===

おはようございます、ぺんたです。

懇意にしていただいてプロパン業者の担当さんから連絡がありました。不本意な形でプロパン業者からリストラされたということで心配しておりましたが、

「地元の産廃業者に再就職できました!」

ということで、ホッと胸をなで下ろしました。

総務担当として入社したのだけど、営業も兼務するということなので産廃処理のことを聞いてみるとなんだか使い勝手がよさそうなのでトントン拍子に契約することになりました。

===

私はセルフリフォームをするので、けっこうな量のゴミが出ます。この処分がけっこう大変で苦心していたんです。

以前は偶然知り合った業者さんに処分をお任せしていたのですが、その方が廃業されたあとは心当たりがありませんでした。その後はアパートの一室をゴミ保管庫にしてしのいでいるのですがそこも満杯になってきました💦

元プロパン屋の担当さんに現状をお話ししたところ、

「どこかコンテナを設置する場所はありませんか?」

とおっしゃるので、今年購入した作業場用の戸建ての存在を告げると

「そこに産廃用のコンテナを設置しましょう!?」

と提案してくれました。そして契約書にハンコを押したらあっという間にコンテナを設置してくれました(笑)

報告を受けて現地に行くと、思ったよりも巨大なコンテナが鎮座しています。
DSC_0372

2トンダンプの荷室に相当する容量だそうです💦持って行った残置物などを投げ込みましたが、底のほうにまだパラパラの状態です。
DSC_0373

このコンテナが満杯になるほどゴミが出るのだろうか?と懸念していますが、ともかく産廃を処分出来るのはありがたい!

これまでセルフリフォームで生じたゴミ:畳や照明器具、古い換気扇などは個人を装って市の清掃工場に持ち込んでいましたが窓口の女性に顔を覚えられてしまい、ちょいちょいイヤミを言われるようになっていたんですよね💦自分としてもウソを言いながら廃棄するのは心苦しいと感じていたので渡りに船でした。

なんでもこのコンテナに入れてはいけないものは、

・生ゴミなどの一般ゴミ(一般ゴミだから)
・ペットボトルや段ボールなどのリサイクルゴミ
・水銀など有害物質を含む蛍光灯管
・石膏ボード
・石やコンクリートガラ

etc・・・

などで、それぞれ処分ルートが違うそうです。逆にそれ以外は何でもツッコんでいいそうなので早速タタミ8枚をツッコミに行きました。

このコンテナは5㎥だそうで、処分の際のゴミ容量に応じて課金されるそうです。こちらの街では1㎥=15,000円で処理してくれるそうなので満杯になったら75,000円ですね💦 決して安くはありませんが、アパートの一室に貯めるよりはマシだと思います。

セルフリフォームをされる大家さんは皆、ゴミの処分に心を痛めているでしょうが、ある規模に達したらこのようなコンテナ設置をすると便利かもしれませんよ(^^ )

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!