お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラムでネット無料サービスの業者を選定する際の視点をまとめています。

◎最重要インフラになった「ネット無料サービス」で私が重視する6つの視点

===

おはようございます、ぺんたです。

7月から実施していた古い戸建群の取り壊し作業が完了しました。広大な更地が手に入りました(^^ )
DSC_0603

DSC_0598

マンションとの間にあるブロック塀を取り壊して土地を一体にし、アスファルトを敷設する工事は10月以降に実施する予定です。

それまでの間、この土地を守らなければなりません。不正駐車などはかわいいものなのですが、建設ガラなどを不法投棄する輩がいないとも限りませんので侵入防止の柵を仮設します。Amazonマーケットプレイスで金属の杭を20本購入しました。
DSC_0714
ロープスティック Φ14×1500mm 2段 オレンジ色 10本入り prz-rpsk14-1500-ck10 鉄ピン

こういう金属杭を打ち込むための、専用のハンマーがあるのですが、今回は普通のハンマーでやることにしました。
DSC_0715

要領が分かってからはスイスイ作業が進みます。シロウト施工ですので斜めになっているものもありますが、そこはご愛嬌です(^^ )
DSC_0716

杭打ちの対象箇所は歩幅でざっくり長さを測り、約40メートルだったのでおよそ2メートル間隔で打ち込みました。目測でやったのですがちょうど20本でぴったり間に合いました\(^o^)/

そこに、やはりAmazonで購入したロープをかけていきます。杭にリングが2段付いているので、そこにロープをひっかけるだけでいいので楽チンです。ちなみにロープは直径12ミリ・100メートル長のものを購入しました。
DSC_0718

セーフラン(SAFERUN) トラロープ12 径φ10mm x 100m ポリエチレン 立入禁止 標識ロープ 縄 バリケード

夕方の比較的涼しい時間、2時間半ほどの作業ですべて完了しました。
DSC_0720

最後に立ち入り禁止のプレートを何枚か取り付けて完成!
DSC_0726

セーフラン(SAFERUN) 安全標識 『関係者以外立入禁止』(小)300x200mm 厚さ0.8mm 径3φmm穴×4隅 バイリンガル表記 PP 5枚セット

金属杭とトラロープ・立ち入り禁止プレート、合わせて約2万円の出費でした。

===

この作業前、マンションの敷地内に入り境界のブロック塀を内側からあれこれ眺めていたときのこと。1階住戸からいきなり罵声が飛んで来ました。

「こらぁ!💢ここに勝手に入るな~💢」

声の方に目をやると網戸の向こうにステテコ一枚のおじいちゃんが睨んでいました。そこは誰でも入れるところで専用庭でも何でもありません。こちらもムッとして

「わたし、ここのオーナーなんですけど・・・(..;)」

と言い返すと

「あぁ、そうですか💦すいません」

と萎むように引っ込んだので爽快でした(笑)やさしいおじいちゃんは好きですが、不遜なおじいちゃんは嫌いです(^^ ) 境界のブロック塀を壊したらまた文句を言って来そうですが、いきなり怒鳴るような人には冷たくします(苦笑)

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!