お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


火災保険は自分の戦略に合わせて活用しましょう!

===

おはようございます、ぺんたです。

管理会社さんと入居付けについて会話していると、

「いまはお客さんが動いていない時期ですからね~💦しばらく様子を見ましょう」

みたいに、なんとなくの感覚で話されることがあります。その管理会社さんは確かに肌感覚で(来店客が少ないな💦)みたいなことを感じておられるからそのようなことをおっしゃるのでしょうが、冷静に考えるとおっしゃる通りお客さんが動いていないのか、それとも失礼ながらその管理会社さんが競争に負けているのか大家さんからは判別できませんよね!?

そこで私はお客さんの動きを表す代替指標として引越業界の月次売上高に注目しています・・・ということは以前の記事でも書きました。引越会社さんの中で月次の売上を公開しているのが最大手のサカイさんだけなので、サカイさんの売上を定点観測しているわけです。

===

そのサカイさんの業績(=大家業界における「お客さんの動き」を表す)がコロナ禍でどれだけ落ち込んだのかを今回チェックしてみました。私の印象では緊急事態宣言が出された5月ー6月あたりは新規入居がピタリと止まりましたし、あれだけ経済が止まったわけですから対前年比で半減しているぐらいに思っておりましたが・・・

サカイ

5月ー6月の落ち込みが対前年比で10%ほどしかありませんでした💦しかも7月以降はほぼほぼ対前年比100%をキープしているしかもではありませんか・・・。

コロナ禍の、あの厳しい状態でも対前年比10%減でしかない・・・心のどこかで(うちの入居がスローなのはコロナのせいだ)と思っていましたが、この数字を見ると自分を甘やかしていたことに他なりません。反省するしかありません💦

とはいえ、少しクールに申し上げると、いま引越業界のなかでサカイさんが一人勝ち状態で、毎年売上をガンガン伸ばしているトレンドです。
サカイ推移
(サカイ引越センターのIR情報より)

昨年の決算でも、売上高は対前年比105%だったそうです。
サカイ売上高伸び
(サカイ引越センターのIR情報より)

ですから最初に上げた対前年比グラフは、サカイさんの成長というゲタを5%程度履いていることになりますからその分割り引いて見たほうが良さそうです。

とはいえその5%を勘案しても、引越業界は思った以上に活発に活動していた=お客さんが引越していたということですから、なかなか入居が決まらない大家さんは「他の大家さんに競り負けている」可能性が高いわけです。

私と一緒に反省して、明日からまた頑張りましょう!w💦

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!