お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大きめの指値が通ったエピソードを紹介しています。

◎2年追いかけた物件に4割引きの指値が通った話

===

おはようございます、ぺんたです。ブラックぺんたが降臨しました(^_^;

管理会社のマネージャーから予告なしにLINE経由で画像が送られてきました。その画像を見ながら不吉な予感がしていたら、さっそくマネージャーから入電。

「あの~、たったいま画像をお送りしたんですけど・・・」

「はい、ちょうど拝見していましたよ」

その画像がこちら↓ タンクを取り付けた根っこの部分がバキバキに割れて崩落しています💦
S__61767813

S__61767810

S__61767814

マネージャーが、

「お客様が帰宅されたところ、便器がこのように自然に割れていたそうで修繕をしなければならないのですが・・・」

と切り出したのを食い気味にさえぎって、

「あのね。ここのマンションの温水洗浄便座は私自身が取り付けたのでお引き渡しするときに何も問題がなかったことは確認済みです」

(注:ヘアクラックの有無も目視確認しております!)

「あ・・・、はい💦」

「御社も入居前の最終チェックで何も問題なかったことは確認しているでしょ??」

「ええ。この割れが発見される前日までは問題なく使用出来ていたとお客様がおっしゃっていました」

「約20年間、何も問題なく使えてた便器が、ある日突然に誰もいない時に自然にこんな風に割れますか??この割れ方から見て、外部からの力が加わって割れたのは間違いないと思います。であれば入居者責ですよね。」

と申しあげました。

===

我が北九州は衛生用陶器の雄「TOTO」発祥の地で、私のいとこも中国の工場長をやっておりました。その関係で便器の知識はそこそこあるうえ、私の大家業の経験から言っても衛生陶器が自然に、何の外力も加えずにこんな割れ方をすることはありません。

もちろん便器が自然にヒビ割れすることは皆無ではありませんが、その多くは床にビス留めしている部分に余剰な力が加わって出来るヘアクラック(髪の毛のように細いヒビ)です。
DSC_0010a

あるいは長年家族の体重を支え続けることでこんな風に自然に細いクラック↓が入ることはありますが、それにしてもこんなもんです。
image_20130530035946

ましてや今回の破損はタンクの取り付けボルト周辺がねじ切られるように破断していますので、よほど強い力が加わったに違いありません。マネージャーにそのような説明をしたところ、

「ええ・・・💦正直なところ私もそのように思いましたのでお客様に『何か強い力は加えていないですか?』ということをいろんな角度から何度もお尋ねしたのですが、お客様がお怒りになられまして・・・」

「入居者が怒ったから(こりゃ金は取れないから大家に負担させよう)って思ったわけですね。それでは筋が通りませんので、この件に関する当社での費用負担は致しません」

あ、でも水を流す度に漏水があるということなのですが・・・」

「それは入居者負担で修繕していただくか、それがどうしてもムリならば入居者の保険で直したらいかがですか?」

と突き放した格好で終話しました。

===

これは私の推測ですが、

・タンクのボルト周囲が丸ごと破断している
・破断の方向がタンクの奥側に向いている


という2点から、入居者が全体重を預けるように(お尻から倒れ込むような感じで)温水洗浄便座にドカンと座ったのか、タンクに直接荷重をかけたかのどちらかだと思います。もしかしたら酔っ払って半ば意識のない状態だったのかもしれません。

一般的に申しあげると便器が単なるヒビでは終わらずにバキッと割れてしまうケースとしては

・便座を踏み台にして電球を交換した

とか、

・除菌のため熱湯をかけて清掃した

などのケースがあるそうです。知りませんでした💦


管理会社さんは板挟みになって気の毒ですが、安易に大家に負担を負わせようとした罰で頑張ってもらいます(笑)

もし入居者がゴネるようだったらこのお部屋は法人契約ですから総務部と直接やりとりさせていただこうと思います。へへっ、それはそれで楽しみです!(^^ )

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!