お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラム集。まだ読んでいない方はぜひ読んでみてください!

◎健美家コラム:やっぱり地方・一棟・高利回りが面白い!

===

おはようございます、ぺんたです。

鉄筋コンクリートの爆裂について何度か記事にしました。だいぶ予備知識もついてきたので試しに一箇所補修してみることにしました。

補修箇所は壁と天井に分かれるのですが、当初はこれら全てをKモルタルという合成樹脂ベースの軽量モルタルで補修しようと思っていました。ところがなにせ補修箇所がかなりの数にのぼり、はつったコンクリートの容積も半端ないのでいくらかかるんだろう・・・(^_^;といささかビビっておりました。

ちなみにKモルタルというのはコニシボンドが作った補修用の軽量モルタルで、主剤と硬化剤を混ぜ合わせて使うものです。
108881b6ff7a453c06310d2be234a2ed

これを2:1の割合で混ぜてネリネリするとこんな感じで↓粘土状になります。
Kモル

これだと左官初チャレンジの私にも扱いやすいかな!?と思っていたのです。(仕入れだけしてまだ試していません💦)

しかし上の8リットルセットで1万円を超えるいいお値段なので、爆裂箇所の大半を普通のモルタルで埋めて、仕上げの表層部分だけをKモルタルにしようと考えました。

読者の方からタイミングよく、

「天井はムリだけど壁だったらハイフレックスを混合したモルタルで十分行けますよ」

というコメントをいただいたことも意を強くした一因です。アドバイスありがとうございました<(_ _)>

===

アドバイスにあったハイフレックスというのはこういう↓ものです。水と一緒にモルタルに練り込んでモルタルの強度を増す添加剤のようなものです。試してはいませんが接着材のようなものだと思います。
img63368143
ハイフレックスを練り込んだモルタルを補修箇所に貼り付ける際、補修箇所にハイフレックスを薄めた液を塗ったりもします。モルタルの中に練り込まれたハイフレックスと合わせて、「とものり」のような施工方法になります。

近所のホームセンターからインスタントセメントを買ってきました。セメントと砂が予め混ぜてあるので楽チンです。
CENTER_0002_BURST20210401093344875

インスタントセメントをバケツにあけ、一定割合で水とハイフレックスを混ぜていきます。いちどに入れてモルタルが緩くなってしまってはいけないので少しづつ加えて練り合わせます。コテで塗る技術がないのはハナから分かっているので、お団子にできるぐらいの固さにしました💦
DSC_1220

練っているうちに失敗に気づきました。バケツではすごく練りにくいのです💦次回からはトロ舟を使うようにしたいと思います。混ぜ合わせに苦戦しましたが、狙ったとおりやや固めのモルタルが出来上がりました。

補修対象箇所はここ!
DSC_1218

盛大に穴が空いてしまっています。ここの表面にハイフレックスの希釈液を刷毛で塗ったあとに、モルタルを団子にして押し込んで行きます。

DSC_1219

しばらく頑張って、ブサイクですがなんとかモルタルを使い切ることができました。表面は凸凹ですが、上からKモルタルを塗る時にひっかかりになるでしょうw
DSC_1221

いやあ・・・左官さんは偉大だと改めて痛感しました!(^_^; これでも翌日にはカチコチになっていましたから、まあ良しとしましょう。

===

ふんさまから献本をいただきました。ありがとうございます<(_ _)>

2冊目の著作の改訂新版だそうで、コロナ禍の現状を踏まえて大幅に加筆修正したもののようです。まだ読んでおられない方はぜひこの機会にご一読されることをオススメします。

◎「最新版 100万円以下の資金で夢ツカモウ! 「家賃収入」で若くしてセミリタイア&「豊かなジンセイ」を勝ち取る方法」
91FUJgSoxwL

まえがきを読んでいると、ふんさまは1985年生まれの35歳だそうです。私が20歳の時に生まれた方がこうしてバリバリに活躍されているわけですから私も年食ったなぁ・・・としみじみ思います💦

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!