お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラム集。まだ読んでいない方はぜひ読んでみてください!

◎健美家コラム:やっぱり地方・一棟・高利回りが面白い!

===

おはようございます、ぺんたです。

8050問題ってご存じですか?「はっせんごじゅう」じゃなくて「はちまるごーまる」問題です。一般的に引きこもりというのは若者世代特有のものだと考えられていますが、それが長期化しているようなのです。その結果、長期間引きこもった子供世代が50代にもなり、80代の親が面倒を見ている世帯が激増しているそうです💦

私の周囲にもそんな家庭があります。高校の2つ上の先輩ですから今は57歳ぐらいだと思います。高校のときは坊ちゃん風の温和な方でした。卒業後に某公立大学へ進み、有名証券会社に就職して営業をやっていたそうです。

ところが入社4~5年目ぐらいに体調を崩し退社。。。以降30年以上実家に引きこもっています💦思えばその頃はちょうど証券市場でバブル崩壊の真っ只中。営業として顧客の苦情を一身に受けているうちにメンタルに変調を来したのでしょう。

悪いことにその方の弟もプータローで、お母さんの年金を兄弟2人で奪い合っているとか・・・。なんともやるせない光景ですが、これも日本の現実です。2019年の政府発表では61万人ほど中高年の引きこもりがいるそうです。実は親の年金をアテにしている間はまだ良くて、親世代が亡くなってしまうとこれらの人々がまるごと生活保護者になってしまう恐れがありますので隠れた社会問題でもあります。

画像_2021-04-27_045123
(※FNNプライムより)

===

引きこもりになったきっかけは人それぞれだそうですが、多いのは『退職』・『人間関係』・『病気』。共通するのは彼らが真面目で口下手であることです。

う~ん。このニュースに接して私は考えを改めざるを得ません。これまでは2人の息子たちが無事就職してしまえば親としての役目が終了するものだと思っていました。ところが社会に送り出したあとも何らかのきっかけで引きこもりになり、親の対処が間違っていればそれが長期化する恐れがあるのです。

引きこもりをしている人の大半が深刻な悩みを抱えています。しかしそれに対して親世代も含む周囲は、

「いい大人がなにもしないで引きこもるなんて甘えている」
「怠け者だ!働け!」


と責め立てますが、それが却って本人の孤立を深めることになり引きこもりの長期化につながっているそうです💦そういえば2年ほど前、農林水産省の元次官がひきこもりの長男を刺殺した事件がありましたが、あれも8050問題の一端です。親子関係がこじれて最悪の結果を招いた悲劇的な事件でしたね・・・。

うちの長男は就職していまは正社員として働いています。大学生の次男もいずれ就職するでしょう。彼らには

「社会でうまく行かなかったときにはうちの会社に入ればいい。いま後継者を絶賛募集中だから(笑)」

と冗談めかして話していますが、今後も私たち夫婦がセーフティネットとして控えている必要がありそうです。もし息子たちが傷付いて戻って来たら一切否定せず、ひたすら受容的な態度で受け止めてあげようと思います。

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!