お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


カーボンニュートラルが地方のモビリティと大家さんに与える影響について論じています。

◎大家さんも無視できないクルマの未来。カーボンニュートラルで激変する?

===

おはようございます、ぺんたです。

私はJA山口県信連というところとお付き合いさせていただいています。「信連」というのは地域農協とは別の上部組織で、地域農協が個人向け融資、信連が法人向け融資・・・と棲み分けしているのだそうです。これは以前にも書いたことがありますね。
00000000000000469601_0000005576_6

===

信連で長らくうちを担当してくれていた方が離任されたので、新任の方へのご挨拶も兼ねて訪問させていただきました。前任の方は地域農協へ出向されたそうです。しかも本部の融資推進係!いろんな店舗から上がってくる融資案件を整えて、本部審査が通過しやすくする「後押し」係のようなイメージです。

「ぺんた社長、これまで『法人融資は信連』『個人融資は地域』とご説明してきましたがあれは間違っていました。地域農協の中にも法人向けのアパート融資を積極的に推進している支店があるんです。いまの立場になって初めてわかりました💦」

とおっしゃっていました。組織間で棲み分けを決めていたものの、必ずしも守られているわけではなかったようです。

「じゃあそこのお店をぜひ紹介してくださいよ~!」

とお願いしたところ快諾していただきました。もしかしたら融資のラインナップが増えるかもしれません!超ラッキーです。

このやりとりを聞いていた信連の新任担当さんは

「うちよりも審査が緩くって、金利もずいぶん安いんだってね💦」

と合いの手。前任さん曰く

「信連に持ち込まれた某メーカーの新築物件は収益性が余りにも低いのでほとんどお断りしていたんです。でもアパートはバンバン建っているので『どこの金融機関が出してるんだろ~??』と思っていました。ところが出してたのは地域農協だったことがわかってズッコケました(笑)」

ということでした。同じJAグループですが地域農協と信連の審査部門はそれぞれ独立しており、情報は相互に流通していないそうです。これもまたラッキー!

前任さんには案件が出た時にご連絡する旨をお伝えし、新任さんにはある土地の購入案件を前フリしておきました。融資情勢が厳しい昨今ですが、探せばこういうところがまだ残っているんですね~♪

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!