Twitter民の方も必ず押して下さいね(笑)
↓↓↓↓↓


ブログランキングだけがモチベーションですので申し訳ないのですが、Twitter民の方もブログランキングボタン↑を必ず押してくださいね(^^ )

===

おはようございます、ぺんたです。

相変わらず日課のように物件検索を毎日やっています。いまのところある町でドミナント展開しているのですが、ほかの街で買わないと決めたわけではありませんので西日本一帯で物件を探しています。

そんな中で気づいたのですが、割安な物件がいくつも出るエリアは大学のキャンパス移転に関連するケースがあるので要注意・・・ということです。

===

最初の例は山口県立大学です。
山口県立大学

この大学は山口市のかなり田舎のほうに位置し、ご多分に漏れず近隣にはアパートがかなり建て込んでおりかなり供給過剰気味です。田舎なので社会人の入居者はあまり期待できず、実質的に学生がメインターゲットのエリアです。

そんな地域で、2・3年ほど前からかなり割安に売り物件が出るようになりました。私自身はそのエリアを除外していたので買うことはありませんでしたが、念のため背景を確認してみたところ、山口県立大学の2つあるキャンパスのうち一つが廃止になるようです。

この大学は国道を挟んで北と南の2つのキャンパスに分かれているのですが、老朽化した南キャンパスを廃止し、北キャンパスに新棟を建設して統一するようです。
キャンパスマップ

大学のホームページに移転の記事が掲載されていました。
キャンパス移転

私が目にした売り物件は全て南キャンパス付近のものでした。
北と南は近いので売りに出さなくてもいいんじゃないの??と思いましたが、すでに過当競争になっている状況下では北キャンパス至近のアパートには勝てないという判断が働いたのだと思います(^^;)

===

次の事例は香川県さぬき市の徳島文理大学です。

さぬき市では築25年から30年ほどのRC物件が非常に割安な価格でいくつも売りに出ていましたが、(こんな田舎でこんなにいくつも安い物件が出るのはおかしい)と思い調べてみたところ、やはりキャンパス移転でした。

さぬき市志度の現キャンパスから、高松駅至近の場所に新校舎を建設中だそうです。
徳島文理大学移転
田舎の志度から高松駅に移転というと、そりゃあ高松駅のほうが学生は集まるでしょう。ひと昔前に東京の私大が都心回帰したのと同じ動きが、10年の歳月を経て地方にも波及したようです。
移転地図

志度付近はかなり田舎ですので、学生の需要が一気に喪失したらかなりひどい状態になりそうです。昔、同志社大学の京田辺キャンパスが移転してしまったときはスゴイことになりましたが、あれと同じですね(^^;)

===

私が気づいただけでもこれら2件の大学移転があるのですから、探せば他にももっとあるでしょう。

学生がメインターゲットの物件は、大学が移転計画を公表しているかどうかを真っ先に調べたほうがよさそうです。あ、もちろん割安であれば承知のうえで逆張りで買う・・・というご判断もアリだとは思いますよ。しかし、割安さに飛びついて買ったあとに「実はキャンパスが移転することが分かった」・・・みたいなことは避けたほうがいいでしょうね。

実はわたくし。サラリーマン最後の勤務先が青山学院でして、当時は相模原キャンパスを大幅に縮小して都心の青山キャンパスに回帰しようとしていたころでした。

キャンパス移転を内部から眺めたことがあるので、「大学が移転するのかも!?」と気づけたのかもしれません💦需要が消失する物件は、買うと苦労しますもんね。

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!