Twitter民の方も必ず押して下さいね(笑)
↓↓↓↓↓


ブログランキングだけがモチベーションですので申し訳ないのですが、Twitter民の方もブログランキングボタン↑を必ず押してくださいね(^^ )

===

おはようございます、ぺんたです。

当社は太陽光発電所(低圧)を1基だけ所有していますが、このほど売却致しました。

以前から何度かブログで書いてきましたが、太陽光発電というのはアパートと違って何もすることがありません・・・建設したあとはこちらが一切何もしなくても天候に合わせて淡々と発電してくれます。皆さん「それがいいんだ!」とおっしゃるのですが、私自身は何もすることがなくてなんだかつまらないと感じていました。生意気な言い方かもしれませんが、私じゃなくても経営出来る。私と別のオーナーさんを差別化する要因が何もない・・・ことが面白くありませんでした。

国のエネルギー政策にも疑問を感じていたので、大家さんが集まったある呑み会でポロッと「売ろうかな!?」と口にしたところ、たちまち数組の方が名乗りをあげられましたので、以前から面識のあった方に売ることになりました。
shutterstock_115407727
(※イメージです)

相手が知り合いの方だったので仲介業者を介さず直接取引をすることにしたのですが、最初に困ったのは売買契約書の作成です。

アパートだったら土地と建物が売買対象物ですが、太陽光発電所の場合どう書けばいいのかわからずにネットでひな形を探しまわったのですがちょうど良いものがありませんでした💦

唯一わかったことは、中古の太陽光発電所の売買では、

「土地+発電設備+権利」

を売買するんだということだけ・・・。しかたないので自分自身で起案しました。

太陽光発電というのはFIT制度によって発電した電気を固定価格で買い取りしてもらう枠組みですので経済産業省に登録されているのですが、その登録情報を名義変更してFITの権利を継承することに加え、発電した電気を電力会社に買い取ってもらう売電の権利・・・も含めて売買するのです。

幸い私が起案した契約書は、先方が利用する金融機関にも受け入れていただけました(^^ )

===

決済を前に、実務的に困ったのは動産担保を外す手続きとタイミングです。私がお金を借りた金融機関では土地には通常の抵当権を、発電設備には動産担保の抵当権が設定されていました。

不動産の売買の場合、決済当日に司法書士が

「書類がすべて整いましたので、売主に振込を実施していいですよ」

とゴーサインを出すと、送金完了と引き換えに抹消書類を受け取ります。そしてすぐに地元の法務局で売主側の古い登記を抹消し、買主のために所有権移転登記や抵当権設定登記を行いますよね??ところが動産担保だけは東京の法務局に行かないと抹消が出来ないそうなんです💦

ということは、実務的な選択肢は以下の通りとなります。

①私が利用している金融機関から事前に抹消書類を受け取った別の司法書士が(決済当日に)東京でスタンバイしておき、地元の司法書士からゴーサインが出たらすぐに東京の法務局に書類を提出する・・・

→私が利用している金融機関は、着金が確認できない限り抹消書類は渡せないということでしたのでこの案はボツ

②あるいは地元で抹消書類を受け取った司法書士が地元の法務局で土地の手続きを終えたあとに東京に飛んでいく

→これは司法書士が嫌がったうえ費用がかさむのでボツ

③私が自己資金を投入して予め抹消手続きを終えてから決済に臨む

→これは私が嫌がったので(苦笑)ボツ

残る方法は、

④買主からの着金を確認してから抹消書類を東京の法務局に郵送して手続きを行う

→これが一番現実的なのですが、決済を終えてから法務局で郵送受理されるまでに2~3日の空白が生じることが難点です。買主側の立場に立つと「お金を払って自分のものになったのに、それが登記できない期間が2~3日生じる」ことになってしまいます。

実務的には④しかありませんので買主さんに電話して事情を話すと、

「ぺんたさんだから悪いことはしないでしょう♫」

と快諾していただけました。いや~ありがたい🙏買主さん側の金融機関が担保設定を求めないところだったのもラッキーでした♫

余裕のある話し方をしていましたが、これしか選択肢がなく実は内心困っていたんです(苦笑)

===

中古の太陽光発電所の売買事例は今後増えていくと思われますが、動産担保が絡むとややこしい・・・ということだけご理解いただけたらと思います(^^ )

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!