Twitter民の方も必ず押して下さいね(笑)
↓↓↓↓↓


ブログランキングだけがモチベーションですので申し訳ないのですが、Twitter民の方もブログランキングボタン↑を必ず押してくださいね(^^ )

===

おはようございます、ぺんたです。

不動産向け融資が厳しくなってもう何年になりますかね?こちらでも地銀勢は軒並み厳しくなりました。

自己資金を大量に突っ込めば地銀さんとの融資取引も出来るのでしょうが、自己資金は出来るだけ温存したい・・・となるといきおい信用金庫さん・信用組合さんがメインの金融機関になって来ます。

ところが私が展開している街には信用金庫が1行、信用組合が2行しかなく、うち1行は不動産融資に偏りすぎて金融庁から大目玉を食らって以来新規の不動産融資を凍結していますので使えない・・。そうなると2行だけになります。

その2行に別々の案件を持ち込んだとしても1年に2物件を買うのがやっとというペースになって来て困っておりました。

===

それでも欺しダマしで(本当に欺しているわけではありませんよw)なんとか規模を拡大してきましたが、以前よりもペースが鈍っているのは否めません。

なんとか成長スピードを維持するために新規の金融機関をリクルートする必要があると思っておりました。折しも当社は第二・第三のドミナントを作ると決意した矢先でもありますので、新規に融資取引先(信用金庫・信用組合)をリクルート出来る場所に支店を出店すべく、エリア探索をして来ました。

◎第二・第三の拠点探し・・・

ここから説明がややこしくなってきますが、出来るだけ分かりやすく説明しますのでついてきてくださいね(苦笑)

当社はアパート・マンションが供給過剰になっていない地域に第二・第三のドミナントを形成したいと思っています。

賃貸物件の需要を調べたところ、山口県東部と山口県北部にちょぼちょぼっと好適地が見つかりました。供給過剰になっていない「おいしい」エリアの候補地です。進出してみないと断定的なことは申しあげられませんが、たぶん当たっていると思っています。

それらの地域を営業エリアとする信用金庫・信用組合を探してみたところ、2行が該当しました。しかし、それらの金融機関から見れば、いま私が展開している街は営業エリア外となります。

よってそれら2行と融資取引をするためには、彼らの営業エリア内で新規に支店を登記しなければなりません。

2行の営業エリアそれぞれに支店を計2つ作ってしまえば手っ取り早いのですが、支店を作るのは経費もかかることですし、できれば1箇所の支店で2行と融資取引ができればめっけもんです。

そこで2行の営業エリアがかぶっている地域を探してみました。

すると、ある街に2行の支店が同時に存在していることがわかりました。つまりその街に当社が支店を出しておけば、両行ともに融資取引が出来る素地があるということです。

そこで、支店を置くことのできる物件を借りるべく動きはじめました。

===

スーモ上で、事務所使用できる単身者物件を探したところ、2物件だけが該当しましたのでそのうち一つを内見させてもらいました。

DSC_1567 1

DSC_1569 1

こちらとしては住所を確保することが主目的ですので、部屋が狭かろうと設備がなにも無かろうが関係ありません。入室して1分で「ここにします♫」と申しあげました。その後不動産業者さんの事務所で申込書を記入して提出しました。予め大家さんの内諾は得ているので、このまま賃貸借契約が成立すると晴れて支店が登記できます♫

いかがでしたか?
発想の起点は「需給状況の良いエリア」に物件を持ちたいという動機だったのですが、そのエリアの物件に融資してくれる(だろう)信用金庫を探して、その営業エリア内に支店を設立する・・・という逆算をして動いたわけです。

なんだか、こういう動きは陣取りゲームみたいでワクワクしますよね。
f2bd1f26

いまは信用金庫をターゲットにしていますが、地銀クラスの不動産融資が活発になってきたら別の切り口で支店設立するのもアリだな・・・と妄想しております(^_^)

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!