Twitter民の方も必ず押して下さいね(笑)
↓↓↓↓↓


ブログランキングだけがモチベーションですので申し訳ないのですが、Twitter民の方もブログランキングボタン↑を必ず押してくださいね(^^ )

===

おはようございます、ぺんたです。

うちの旗艦物件のご入居者様から意表を突いたお問い合わせがありました。この物件、2階ベランダ部分の一部が恐らく爆裂によって亀裂が入っているんですよね↓
外壁割れ部分

雨水排水管の上部が爆裂しています。大規模修繕をする際に一緒に直してしまおうと思っていたのですが、なかなか目ざとい方です。管理会社さんいわく、

「上部外壁の一部に割れがあり、今後この割れから破片が落ちてくることがないかと、もし落ちてきた際に万が一お車が傷ついた場合に、どのような対応とお手続きになるかとのことでございました。」

と、車が傷付くことを懸念した内容でした。

ちなみに爆裂箇所とお車の位置関係はこんな↓感じです。
外壁割れ部分と車の位置

コンクリート片が剥落しても、物理的に真下に駐めていない限り当たるものではありません。そこでこんな返事をしておきました・・・

「該当箇所は駐車区画から1メートルほど離れていますので、駐車区画に停めていただいている限り物理法則的に車を傷つけることは絶対ありません。
雨水排水管やコンクリート支柱を破壊して駐車した場合には破片が当たる可能性はありますが、その際は当然当社が落下コンクリート片による傷の弁償をいたします。しかし、入居者には排水管や支柱の弁償をして頂きます(笑)冗談ですよ。うまいこと言っておいてください(^^ )」

===

なかなか神経質なご入居者のようですね。今回は管理会社さんが間に入っているので、少しふざけた回答をしましたが真面目に考えると以下の2つの可能性があります。

①落下した破片が地面でバウンドし車を傷つける可能性

→ゼロではありませんが、1メートルも横にバウンドしなければ車には到達しませんので、かなり確率は低いです。

②落下した破片が助手席側の乗員に当たる可能性

→今回は車に限ってのお問い合わせだったのであえて言及しませんでしたが、爆裂の真下に人が立っている状態で破片が落下したら当たってしまう可能性はゼロではありません

もしこれら2つの事象が不幸にも起こってしまった場合にはこのマンションが加入している火災保険の「施設賠償責任特約」で補償することになります。当社では全物件にこの特約を付保しております。

爆裂箇所がコンクリートの下部だったら迅速に補修するところですが、上部なので完全剥離しても破片が乗っかっているだけになるので対処は先送り・・・という方針に変わりはありません(^_^;

心配される方がいるのであれば、二段梯子をかけて取り除いておこうかな・・・!?

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!